とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

2020年J3第2節 YSCC横浜 - カターレ富山 / 3点差でもチャンネル変えられんがやぞ

2020/07/06

開幕戦を長野と引き分けスタートのカターレはよぉ、アウェーでYSCCと対戦やちゃ。

いろいろ振り返りたいところやけど、とりあえず試合の感想から行くちゃ。

スターティングメンバー

開幕戦はベンチ外やった「越中のモハメド・サラー」こと大谷駿斗選手がスタメン出場やちゃ。あとはメンバーに変更はないがよ。

YSCCは3バックが入れ替わって左が植村、右が船橋が入ったがやね。そんで「ミスターYSCC」こと吉田明生がレギュラーに戻ってきとるちゃ。

あれよあれよと3点も決められたじゃ

どちらも攻撃的なチームやからか、立ち上がりからえらい攻め合いになったがやね。どちらもショートパスで繋いでいって、ゴールを狙っていくチームやけど、カターレとしては前節は足元ばっかりやったことを反省してか、前半から俊足の大谷選手を裏に走らせて、縦に速く展開していって、チャンスも作ってたがいちゃ。

YSCCは立ち上がりは若干受けに回ったがいど、徐々にボールを回すようになってよぉ、中盤の宮尾と土館を軸に左右真ん中と散らしながら、ゴールを狙っていったがいちゃ。

縦に速いカターレと、幅を使った攻撃を見せるYSCCという感じやったがいど、前半は明らかにYSCCの方が功を奏していたがやね。

1点目は右サイド大外から西山のクロスが流れて、左に流れた吉田明生が折り返して、最後は大泉が決めてYSCCが先制やちゃ。2点目は18分に右の佐藤からボールを貰った土館の斜めのパスから、宮本拓弥がダイレクトボレーで追加点やちゃ。

ボッたち状態が酷くて、明らかに守備の連携ができていないカターレの守備陣は、横幅で揺さぶられて、あっさりやられてしまったじゃ。2点とも林道の手前を狙われとる通り、YSCCはまだまだ本格復帰に至っているわけやない林道を狙っていったがやね。

そうなってくるとカターレはどんどん焦りが出てきて、縦へ縦への一辺倒になっていって、パスミスもえらい多くなっていくがいちゃ。そんでもゴール一歩手前まで行くがで、尚更焦るがやろうのう。「はよゴール決めんなんじゃ…」と言わんばかりのバッタバタ感やったじゃ。

そこで29分に約30m付近からのフリーキックをよぉ、宮尾孝一に直接決められて3点目やちゃね。本当にえらいことになったもんやちゃ。

そんで前半は全く見せ場がなかった椎名伸志を下げて、大野耀平を投入するがよ。YSCC守備陣に圧力をかけていくカターレは、40分過ぎに大谷が裏を抜けてゴール…と思いきや、オフサイドやったがいちゃ。

これで前半は0-3で終了ながよ。

大胆な2枚替えから2点返すちゃ

ハーフタイムに大谷と佐々木陽次を下げて、池高暢希と戸高弘貴を投入するちゃ。5人交代ルールを活かして、ハーフタイムで3人目投入やちゃ。

そしたら、後半開始早々のコーナーキックで、花井のキックからニアサイドで大野耀平が合わせて、まず1点返すちゃ。これは大野の得意な形やちゃね。

その4分後の51分には、ショートカウンターから上がってきた「越中のババンギダ」こと田中佑昌選手から池高暢希と繋いで、最後は戸高弘貴が右足で決めて2点目やちゃ。ここまで交代策が見事にあたったじゃ。

2点返されたYSCCは、CFの宮本拓弥を下げて、音泉翔眞を投入するがやね。ポストプレーで踏ん張る音泉には手を焼いたカターレは、ここから攻撃の勢いが若干落ちてくるがいちゃ。

花井1列上げと武颯投入で大逆転やちゃ

刻々と時間が経っていく中で、カターレは66分に見せ場が少なかった平松を下げて、アンカーの稲葉修土を投入するがよ。これでセントラルハーフの花井を1列前に上げていくがやね。そんで75分に最後の交代カードで末木を下げて、今シーズンの大目玉である武颯選手を投入するがよ。

攻撃で幅を作って、YSCCに圧力をかけていくカターレはよぉ、疲れが見えてきたYSCC守備陣に襲いかかるがいど、ギリギリのところで防がれてしまって、なっかなか同点ゴールが決まらんがいちゃー。

そんでも諦めないカターレは、89分に林道がドリブルで持ち運んで中央にパスを入れると、花井がバックヒールでスルーパスを入れると、最後は武颯が裏に抜けて、豪快に右足を振り抜いて同点ゴールやちゃ。

更に攻撃を仕掛けるカターレは、アディショナルタイムによぉ、ショートカウンターから右サイドの田中佑昌から、花井聖が受けて、ペナルティエリアに入ってきた武颯が相手に引っ張られながらも右足でシュートしたがよ。それは相手GK大内選手に防がれたがいど、最後はゴール前に詰めてきた花井が押し込んで、ついにカターレが逆転に成功したじゃ。

試合は終了してカターレが4-3で大逆転勝利やちゃ。

5枚交代で強引に勝利を引き寄せたじゃ

まあ、本当にすごいゲームやったじゃ…。

戦術とかいろいろ書いていこうかと思ったところやけど、そんなのは本当にどっか置いていっていいくらい、5人交代をフルで活用しまくって、ねじ伏せてしまったじゃ。

ちょうど前日にブラウブリッツ秋田の堅守速攻と見事な試合運びを見ただけに、カターレのは本当に強引にやってしまった感があるちゃ。

前半のうちに3枚のカードを使うのは、従来の3人交代ルールではほとんどやらないものやし、交代のタイミングももっとシビアに考えるやろう。ただハーフタイムで変えたとしても「まだ2枚変えられる」と思ったら、思い切って交代できるのは、今シーズンのような特殊なレギュレーションでは効いてくるがやろうね。

一見、ハチャメチャな勝ち方やけど、こういうのが出来るのはカターレの強みでもあるやろう。相性のいいYSCCが相手とはいえ、今季の充実具合を再確認できたと思うちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, , , , ,