とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

バスケで初遠征してきたじゃ

2018年最後の更新やちゃ。

いっつも仲良くしとる長岡在住のまぐ(@hibiki_mag14 )のお誘いで、「新潟アルビレックスBB-富山グラウジーズ」を観に行ったじゃ。

バスケやとビジター遠征は初めてになるちゃね。

新潟アルビレックスBBのホームアリーナの「アオーレ長岡」ちゃ、長岡駅と隣接しとって、会場まで雨に全く濡れることなく移動できる、スンバラシイところやちゃね。

もう駅の改札に出たところから、アルビレックスの色がちゃんと出てて、長岡をあげてバスケを盛り上げようとしとる感じが良い感じやちゃね。グラウジーズのホームアリーナの富山市体育館も駅北から近いとこにあるがいど、完全に隣接しとるアオーレには敵わんのう。こりゃ、すごいとこやちゃ。


これはいいちゃね。一度長岡で宿泊したときに、近くにアオーレ長岡があったがで、そのときに覗きにいったことがあるがいど、実際にバスケの試合があると、雰囲気が一気に出てくるもんやちゃね。5000人ほどの箱でホームもアウェーも客が集まってくるがやから、お祭り感が出てくるしのう。


これなら席を取られることは無いやろう。


試合30分前になったら、チアリーディングやセレモニーが行われるちゃね。会場が暗転するがで、一気にライブ感が出てくるがいちゃ。サッカーにはこういうのはできんがで、まさしくアリーナスポーツならではやちゃね。

バスケのことは普段はあんまし見てないこともあって、これといって詳しいことは言えたもんやないがやけど、前半はグラウジーズが宇都選手、ライオンズ選手、大塚選手が得点を重ねて、結構いいペースに行っとったのに対して、アルビレックスはファールが多くて、ちょっとうまく行ってない感じやったのう。


グラウジーズとしちゃ、いい感じにゲームを進めとったがいど、アルビレックスの最後のガードナー選手のブザービーターが決まってしまったのもあって、試合内容の割に点差が開かず、42-45で折り返すがやね。

しっかし、ブザービーターすごかったじゃ。

3Qは、立ち上がりは互角やったがいど、グラウジーズがファールが増えてきた辺りから集中が乱れてきてよぉ、一気にアルビレックスにペースが流れてきたがやね。

バスケの基礎知識とか無いと、どうしてもメンタルが…という話をしがちで申し訳ないところやけど、ファールトラブルが増えてきた辺りから、グラウジーズのメンバーちゃ、審判への不満が顕になってきとって、同時にレイアップシュートとかもズレが出てきて、全然入らんがになってきたがいちゃ。スコア上は思ったよりも入った感じやったがいど、ボールの奪われ方とか、3Qは良くなかったのう。

最終Qは、早々にグラウジーズのセンターのスミス選手が4つ目のファールになったもんやから、ベンチに下げざるを得なくなったがいど、外国人ビッグマンがおらんがになったら、リバウンドを取れないし、ズルズルと行ってしまったのう。


ちょこっと連続得点を奪おうとすりゃ、アルビがタイムアウトを取るし、ゴテゴテに回ってしまって、最終Qでは逆転は厳しい感じやったじゃ。結果90-83で新潟アルビレックスBBの勝利やちゃ。グラウジーズ残念やちゃ…。


最後は長岡の名店「レストランナカタ」へ行って、長岡のB級グルメ「洋風カツ丼」のハーフ&ハーフを注文したじゃ。デミグラスとケチャップの2種類のソースを楽しめて、本当に美味かったじゃ。

 

 

今年もいろいろあった1年やったけど、楽しくやっていけたかと思うちゃ。来年以降もいろいろおもっしいことやって、ブログなりTwitterなりで、自由にワイワイやっていくことにすっちゃね。

みなさん2018年もありがとうやちゃ。良いお年を!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱんグルメガイド, とれぱんトラベル, バスケットボール, 富山グラウジーズ