とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

【閲覧注意】昆虫スナック食べたじゃ

2018/11/13

沼津戦のマッチレビューは後にしといて、グルメネタやちゃ。

B5D83BAD-C91D-4B9C-B7C4-756713DC2D4A

「昆虫食のTAKEO」からよぉ、昆虫スナック2種類とコウロギ粉20%のマカロニ買ったじゃ。

東京で実店舗を構えとる、昆虫食専門のネットショップながいちゃ。「コオロギパスタ揚げ」とか「コオロギアイス」とか凄いもん作っとるちゃね。

昆虫食といっちゃ、タイとかミャンマーとか中国とかを中心に、世界中で食べられとるちゃね。日本でも長野県、岐阜県、宮崎県などでも今も食べられたりしとんがよ。「イナゴの佃煮」とかポピュラーやちゃね。

知人の店へ行ってよぉ、試しに食べてみよう…ということなで、2種類空けてみたがよ。

バッタ類のスナック菓子

takeo-1

芋虫のスナック菓子

takeo-2

封を空けて器に入れてみたら、二人して「うわ~」とか言ってしまったがいちゃ。もうなんか見た目のインパクトが凄すぎるがいちゃ。バッタ類のスナック菓子はともかく、芋虫のスナックやと原型そのまんまやから、目眩しそうな気分になったじゃ。

肝心の味やけど、これが「香ばしい」がいちゃ。サクッと食べられる大人のスナックやちゃね。飲み屋とかで出てくるようなスナック菓子に似たようなもんで、パリッとした食感と香ばしさが、お酒に合いそうな感じながよ。素揚げして、塩で味付けした程度やから、そんな感じになるがやね。

 

今後の世界ちゃ、人口増加によって、食糧不足が懸念されとって、国連が昆虫食が今後の鍵を握っとる話をされとるがよ。

実際、昆虫のほとんどちゃ、可食部がほぼ全部(牛は60%程度)ながで、タンパク質が豊富ながやね。コオロギを粉末にした「コウロギ粉」を使ったプロテインがアメリカにあるくらいやし、アスリートの食事にも取り入れられとったりすんがやと。

今度はタランチュラとか蜂の子とかチャレンジしてみるかのう。なかなかおもしかったじゃ。Twitterで画像アップするのはアレながいど。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱんグルメガイド, とれぱんショッピング