とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

サッカー中継は何で女性が実況せんが?

2018/10/16

ちょっこしだけ更新するちゃ。

日本代表見てて思ったがいど、最近はよぉ、NHKの番組でバーチャルユーチューバーのキズナアイが出演してよぉ、ノーベル賞のコーナーに登場しとったことをよぉ、どっかの弁護士とか社会学者がちゃべちゃべゆっとって、なんやら炎上しとったがいど、そういうフェミニストと言われる方々ちゃ、漫画やアニメの表現がどーこー言うよりちゃ、スポーツ中継で女性が実況をやらんことについて、もっと突っ込んだらどうけ…とか思ったがいちゃ。

要は女性が自由に選択できることが大切ながいちゃね。漫画やアニメの表現に制限をかけるなど、何かを抑制するとこに走ったら、そこを好んでいる女性にとっちゃ、「勝手に女性論決めつけんなま!べしょ!」というがになっていくがで、同性にも支持を得られんがになるちゃね。

それならよぉ、「女性実況を見たい」とか「女性がピッチレポーターなどのアシスタントに回らずに、実況や解説ができる」というのも求められてもいいと思うがやね。

ほんじゃったら、戸田和幸さんみたいに、常にサッカーを学んできとって、視聴者にサッカーのおもしさ、チームスポーツのおもしさを伝えていこうとされとるもんが、女性の中にもおられたら、その方が男子サッカーの試合で解説しとってもいいわけやちゃ。少なくとも、ボソボソっと解説しとって、的はずれな解説繰り返しとる、北澤豪よりは、サッカーが詳しい女性がやってもいいくらいやろう。

男女平等、女性の立場向上を主張するフェミニストなら、声を高々と言ってもいいくらいやろう。

なんでおらんがかとググってみたら、こんなの出てきたじゃ。詳しくはリンクを見ていただきたいとこやけど、ざっとまとめるとこんな感じやちゃね。

・声が高すぎる

・肺活量

・「高い声」は興奮しすぎると聞こえづらい

・向き不向きがある

・求められるイメージ?

・男性の方が経験豊富

・女性が希望しない

こんな感じかのう?

こういうのが話題にならん理由から考えたらよぉ、「女性が希望しない」というところはあるかもしれんちゃね。希望する人間もおらんにゃ、需要もなけりゃ、なかなか話題になりづらいとこはあるやろう。

声質の問題についても、なんとなく分かるちゃ。女子サッカーやバレーで元女子サッカーの選手が解説しとるがいど、声のトーンが高くて、ちょっと耳にキーンとくるようなとこはあったりするのう。こればっかしは人それぞれの声質の問題やから、向き不向きはあるがかもしれんのう。逆にオラの耳がおかしいだけかもしれんねど…。

ほんじゃけど、上記のリンクによると、イタリア・セリエAやと、女性実況はおって、男性に引けを取らんかったみたいやし、チャレンジしても良いような分野とも言えるのう。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱん・わーるどふっとぼーる