とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

第15節 カターレ富山 - グルージャ盛岡 / 力の差を感じたじゃ

前節のYSCC戦は、一人多い状態やったがに、猛攻を食らって2点差を追いつかれたカターレはよぉ、前節は長野パルセイロ相手に3-0で勝利して、調子を上げてきているグルージャ盛岡と対戦やったじゃ。

スターティングメンバー

カターレは守備陣を少しいじっとるちゃね。3バックを右をルーカス、中央を谷奥くんにしとるちゃ。両ウイングバックは左に前嶋やけど、右には前節はエドやったとこを、エドが2列目で、先日結婚を発表したばかりの弓崎がスタメンやちゃね。

立ち上がりにペースを握られ、早々に失点やちゃ


キックオフでボールを選んだ盛岡がよぉ、縦への長いボールを蹴って、ペースを握っていくちゃね。監督交代後はよぉ、鳥取、北九州と後ろから繋いでくるチームやったがいど、盛岡はシンプルに長いボールを蹴っていって、その落としを狙っていくサッカーをしとるちゃね。高い位置の両ウイングバックに寄って、ボールを受けに行くのが元日本代表で現在ザンクトパウリに所属しとる宮市亮の弟である、宮市剛やけど、その結果としてこうなっていくちゃね。

この結果、中央の谷奥と右サイドのルーカスがかぶるようになって、守備の連携が上手くいかんだがやね。それを見破られたがか、盛岡の攻撃ちゃ、左の菅本に当てていくのが多かったがいど、菅本と競っていく弓崎が狙われたあげく、こぼれ球はほとんど回収されるわで、完全に主導権を奪われる形になったのう。そっから盛岡が左サイドでスローインやコーナーを取って、ゴール前へシンプルに仕掛け続けるがいちゃ。宮市一人で二人が引き付けられる状態になりゃ、全員が下がって守らざるを得なくなって、結局前線は1トップの才藤だけが残る形になって、カウンターの芽すら潰されるようになってしまったのう。


その結果、13分に福田のスローインからペナルティーエリア内で谷口海斗が粘ってよぉ、最後はタッチライン際からスルスルっと中央に入ってきた菅本がミドルシュートを決めて、グルージャが先制やちゃね。結果論になってしまうがいど、菅本が中央に抜けてくるとこを、エドがついていければ、防げた失点と言えるやろう。すっぽり抜けてしまったのう。

先制点を奪った後の盛岡ちゃ、攻撃のペースを落とすがいど、カターレのパスの出処である、差波と椎名の両センターハーフには、ボールを通させず、かつ3バックにボールを持たせるといった、ハイラインをキープしつつも、要所を抑えたディフェンスを敷いてくるちゃね。

こうなってくると、長いボールでカターレは展開したいとこやけど、この3バックでは今瀬くらいしか展開できないのが正直なとこで、パスする相手を探しているうちに、徐々にプレスに迫られてよぉ、どんどん後手に回っていくがいちゃね。

本当は盛岡の3バックの横を突きたいとこやし、実際にそこを起点とした攻撃でチャンスを前半は作っていったがいど、逆に言ったら、盛岡も想定しとるような感じやったし、カターレとしちゃ、速攻を仕掛けられん展開になってしまったとも言えるやろう。前半は0-1で折り返したじゃ。

後半の立ち上がりは悪くないがいど2点目が痛すぎるちゃ

後半はよぉ、カターレが2シャドーのみずきゅんとエドの位置を変えて、右サイドから中心に攻めていって、カターレがペースを握るがいちゃ。連続のロングスローで相手の守備陣の乱れを誘発して、混戦からゴール狙うなど、押し気味に進めていったがやね。

ほんじゃけど、55分に盛岡が後半初めてのコーナーキックを得るとよぉ、キッカーの白石智之にボールが戻ったら、ペナルティエリア角付近からのミドルシュートを放ち、これがゴールに突き刺さり、盛岡が2点差に広げるちゃ。後半はカターレのペースで進んどったがに、ワンチャンスをきっちり決められてしまったじゃ。

2点差をつけられたカターレは、ヨージ、コケちゃんと投入してこの形になるちゃね。点を取るために、コケちゃんに裏を走らせて、2列目のみずきゅん、3列目のヨージと人数をかけて攻撃を仕掛けていくちゃね。64分には才藤のスルーパスからヨージが至近距離からのシュート、65分にはみずきゅんが左サイドからカットインで3人抜いてからのミドルシュートを放つがいど、ゴール決まらんだじゃ。みずきゅんのドリブルからのミドルかっこよかったがで、本当に決まってほしかったじゃー。

しかしよぉ、70分に右サイドからのスローインをよぉ、谷口がポストで粘ると、最後は途中出場の藤沼のゴールでグルージャ盛岡が3点差をつけてしまうちゃ。藤沼に誰もついてなかったのは、さすがに厳しすぎるちゃね…。

81分にサイドチェンジから中央に流れてきた今瀬が左に展開すると、左サイドのみずきゅんがダイレクトで折り返すと、最後はヨージのゴールで1点を返すちゃね。最後の10分はカターレのペースで、盛岡の守備陣はスタミナ切らしながらも必死に守って、カターレはゴールならず。反撃はここまでやちゃ。1-3でカターレが、グルージャ盛岡に3年連続、県総で敗戦やちゃ。どうも上手くいかんちゃね。

リスタートの守備が課題大やちゃね

この試合に関しちゃ、序盤からハイプレスが機能しとって、そっからの速攻が冴え渡っていたグルージャ盛岡の完勝と言わざるをえない試合やったのう。珍しく途中交代で下がってしまった差波やけど、この試合に関しちゃ、対面でプレーしていた河津や小谷に全く仕事させてくれず、カターレの攻撃自体が機能せんかったじゃ。ただ、盛岡も後半途中から足が止まり始めただけに、最小失点で残り30分を勝負したかったとこやけど、後半開始早々の2失点目が決定打になってしまったじゃ。

流れの中から失点せんかったがいど、スローインから2回、コーナーから1回と、ゲームが止まった段階からの失点が3回で、どれも似たような失点やちゃね。シュートを放つ選手へのマークができていたかどうかの差が大きかったのう。

展開次第では勝利に持ち込むことはできた試合やったがいど、ボールが落ち着かないとこやと、グルージャ盛岡が優勢に進めとったし、カターレとしちゃ、中盤省略されてロングボールで展開されたときの方がやりづらさを感じる試合やったじゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山